カルダノ「Catalyst」の全貌 【チャールズ・ホスキンソン】

2021年3月1日、カルダノのMaryへのハードフォークの前に、チャールズ・ホスキンソン氏が動画を投稿し、新たな機能「Catalyst」の目的について語りました。
前半部分を要約しお伝えします。

——(以下、超訳)
ビットコインと比べ、カルダノは非常に複雑なデータが組み合わされて構成されています。さまざまなメタデータ、コントラクトシステム、アイデンティティシステム、そしてトランザクションシステムなどです。
このようなシステムは非常に複雑で、プロトコルが肥大化しているため、(ビットコインのような)シンプルなガバナンスシステムでは運営することが難しくなります。
もちろん、このようなシステムでは非常に多くのメンテナンス作業による調整も必要となります。
ここで問題なのは、コンセンサスを取らずにシステム変更を繰り返すことで、信頼性が低下してしまうことです。

では、こうした問題はどのように解決すべきでしょうか?
これこそが、「第3世代ブロックチェーン」の最大の課題です。私たちは、このような複雑化・肥大化したシステムの全てを分散化し、全ての権限を皆さんに解き放つことを目指しているからです。
特に、今後ユーザーが増大し、何百万人、何十億人が使うシステムへと変貌した際、このスケールをマネージメントすることは非常に困難になります。
どのようにレギュレーションを設置するべきか? 地理的な問題はどうするのか?
ビットコインの場合は、システムのスケールが増えた場合には、価値が上がります。しかし、それに応じて変更作業が制限されてしまいました。
なぜかというと、開発者やユーザー、マイナーなど多くの人間が集まるようになり、違った意見を話すようになることで、プロトコルは安定しましたが膠着化してしまいました。

では、どのようにこれを解決するべきでしょうか?

ビットコインのようにシンプルな仕組みにしておけば話は簡単ですが、私たちはのプロトコルは、コントラクトモデルやサイドチェインモデル、新しいコンセンサスモデルを追加しようとしています。こうした要素を急速に進めようとすると、どうしてもバグが発生してしまうものです。
このような問題は、どんなモデルのプロトコルを作りたいかによります。

ビットコインとは異なり、カルダノの場合は、ガバナンスを完全に解放することを選択しました。
そのために、これらのシステムが必要となると考えました。

①アップデートシステム
②コンセント・ドリブン・プロセス
③ブループリント(設計図)
④意味のある参加方法
⑤ユニバーサルであること

ユニバーサルであることとは、システム変更がある場合に、それが能力的に可能であるかや、哲学があるか、その時の参加者が十分に参加可能かどうかといった要素です。
これらが、ガバナンスに必要であると考えました。
このガバナンスを実現するために、私たちは暗号通貨のアップデートにおけるさまざまな研究を行い、学説を発表しました。その産物として開発したのが、

「ハードフォーク・コンビネーター」です。
これは、「バイロン→シェリー→ゴーゲン」と言ったようにシステムをイニシャライズするたびに、過去のサポートを行いながらも新しい可能性を実現できるスーパーセットです。
これを開発するのは非常に複雑なものでしたが、これを実現するために、さまざまな研究を行いました。
その成果を、「centralized software updates」という論文にまとめ、EUの「Horizon2020」などで発表し、IBMとも共同研究するなどしました。
アップデートシステムについての科学的な下地はすでに出来上がっていたため、ここまでの流れは非常に自信を持って進めることができました。
しかし、システムのアップデートを完全に分散化するためには、「誰が取り仕切るのか」が最も大きな課題となります。①のアップデートシステムを分散化する前に、②~⑤をしっかりと構築しなくてはいけませんでした。いきなり分散化して、皆さんにプロトコルを丸投げしても意味がありません。そこで、委員会を組織して慎重にここまで進めてきたのです。

そこで、登場するのが「Catalyst」です。これは、インセンティブを儲け、現在1万人が登録する参加型の投票システムです。
これにより「カルダノにとって何が良い選択なのか」というKPIを有意義に議論することが可能になり、④を実現することが可能になります。
さらに、⑤の「ユニバーサル」も満たすことが可能です。全てのシステム関係者が関わり、ハードフォークでは「Cardano Improvement Proposals(CIPS)」が必要となることで、システム変更が可能であることが前提となります。

Catalystでは、多くのエキスパートやユーザーが関わり、力の均衡が実現することで、今年または来年には利用可能になり、安定性がありながらもスケーラブルなプロトコルが実現すると考えています。
なぜ、このようなシステムが必要かというと、「ユーザーが増えてスケールが広がるごとに、変化ができない」という状態を絶対に避けたいからです。
そのような状態になってしまえば、今後参入してくる「第4世代ブロックチェーン」と戦うことはできません。
システムは常に成長していかなくてはいけないのです。

●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb