プルーフ・オブ・ワーク Proof of Work

BTCなどで採用されている暗号式ゼロ知識証明で、当事者(証明者)が当事者(検証者)に対して「特定の計算量が費やされた」ことを証明する。
1993年にアメリカの暗号学者C.DworkとM.Naorによってコンセプトが開発された。
ビットコインにおいては、暗号家H .Finneyが考案した、トークンマネーを利用したReusablePoWをベースにしている。
ビットコインのPoWでは、「ある特定の値」を探す計算を成功させた者を確認した場合に、ブロック生成権とリワードを与えるシステムとなっている。
RPoWではトランザクション承認によって新たにトークンが鋳造されるため効率良くシステム運営ができる。
BTCではRPoWをP2Pと組み合わせて採用した。しかし、トークン価格の高騰により競争が激化し、強力な演算能力が必要となった結果、世界中に巨大な「マイニングプール」が誕生することになる。
BTCのPoWでは、他のノードより早く「ナンス値」を見つけることで、リワードとしてBTCを得ることができるためだ(早い者勝ち)。演算能力を高めれば高めるほどリワードを得る可能性が高まるため、BTC価格の高騰とともにノード競争はドラゴンボール並みのインフレが進んでいる。
スーパーコンピュータ施設並みのマイニングプールが増加していることで、BTCの消費電力が世界的な問題となっている。
2021/3/18 の情報によれば、BTCの消費電力は129TWhで、アルゼンチン🇦🇷121TWh、ノルウェー🇳🇴124TWh、オランダ🇳🇱108TWhなど、先進国レベルの消費量に匹敵している。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb