UTxO Unspent Transaction Output

ビットコインなどのベースとなっているトランザクションモデル。「アカウント」や「残高」の概念ではなく、個別のコインをUTXOとして認識し、実際のコインや紙幣をユーザー間で受け渡しするように取り扱う。ビットコインのウォレットでは、最終的な合計残高が表示されているものの、複数のUTxOの合計値として扱われている。
例えば、50、25、10、15という4つUTXOで構成された場合、ウォレットの合計値として100BTCとして表示される。
各UTxOは分裂させることができないため、例えば40BTCの支払いをする場合、50UTxOを消費し、新たに40と10のUTxOが作成され、40が送信先に支払われ、10が支払主に戻るという処理が行われる。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】