IOG Input Output Global

BCインフラの研究・開発企業。2015年にC.HoskinsonとJ.Woodが「Input Output Hong Kong」として創業し、後に改名した。ブロックチェーン技術の学術的な研究に力を注ぎ、高品質で安全性の高いBCインフラ・ソリューション「カルダノ」の開発を進め、新たな経済基盤の構築に力を注いでいる。
研究・開発チームは50カ国、400名以上で構成されており、完全リモートによって運営されている。
研究チームでは、
A.Kiayias Edinburgh 大教授
P.Wadler 同教授 Haskell開発者
E .Koutsoupias Oxford大教授
A.Russell MIT教授
などのビッグネームのほか、多数のPhD保持者が揃う。
IOGでは、BC研究において多数の論文を発表しており、ピアレビューを受けた理論をもとにカルダノを構築している。2021年ではさらに大規模な研究を行うと発表しており、5月の段階ですでに「PoWの台帳におけるチェックポイントを介した安全保証」など4論文を発表している。
また、カルダノでは創業理念として、
「地球上すべての人に経済的アイデンティティを提供する」
を掲げており、アフリカを中心に政府機関へのBCインフラ提供に力を入れている。2021年4月には、エチオピア政府と提携を結び、BCを用いた学歴証明サービスの提供を発表した。

IOGのWebサイトはこちら
アフリカプロジェクトはこちら

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb