コンセンサス・アルゴリズム Consensus algorithm

「合意形成(consensus)を行うための処理手順」を定義したもの。主に分散制御システムで活用され、ネットワーク上の複数のノードが合意する(コンセンサスを得る)ことで、プロセスを調整し特定データの作成を可能にする仕組み。
暗号通貨においては、主にネットワーク上の無数のノード同士がコンセンサスをはかることで、分散台帳に記帳するノードを決定する際に使用される。
暗号通貨で使用されるCAとしては、
プルーフ・オブ・ワーク PoW(ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなど)
プルーフ・オブ・ステーク PoS(カルダノ、イーサリアムなど)
などが知られている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

【UTxO Unspent Transaction Output】