ハ行」タグアーカイブ

分散型取引所 Decentralized exchange

DEX。各ユーザーが秘密鍵を管理し、各自の資金で直接的に暗号通貨の取引を行う暗号通貨取引所。
各ユーザーが個別に資金を管理するため、中央集権型取引所のように一回のハッキングで全ユーザーの資産が盗難されるリスクが低い。
中央集権型取引所のように、企業が資金を集めることはないため、分散管理されたプロトコルによって運営されることが多い。P2P運営されている場合は中央集権型よりも維持費用が安く、取引コストも相対的に安く設計できるメリットもある。
DEXは主に、スマートコントラクトに対応したプロトコルを介して取引を行う。現在では、イーサリアムやバイナンスチェーンを利用したDEXが主流で、イーサリアムならERC20、バイナンスチェーンならバイナンストークンなど、それぞれのプロトコルに対応したトークンの売買が行われている。
また、中央集権型取引所では、開発企業のbotなどによる自動売買や、取引所手動による取引操作など、不審な取引が行われる可能性があるが、DEXの場合は全ての取引が透明化されているため市場操作リスクも低いという見方もある。
日本においては「自動の取引は怪しい」「ハッキングの恐れがある」「KYCがない」などの誤った認識が国やメディアなどで散見される。(通常の取引所の方がハッキングリスクは高く、取引自体も自動化されている。KYCはFiatに交換するときに十分追うことができる)。
また、DEXには管理母体がないため「暗号通貨交換業」に該当せず、したがって認可されていない。
しかし、そもそも「交換業」は顧客の資金を集めて通貨の交換を行うために必要な規制であり、顧客が自分の資金を管理しほぼ非営利で運営されるDEXには不要なものである。
カルダノ においても多数 のDEXプロジェクトが進められており、期待が高まっている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

飽和点 Saturation

カルダノのステーキングにおいて、100%のリワードが得られる最大委任量のこと。2021年6月時点では「全てのプールで最大64Mまで」に設定され、これを超えるADAが委任された場合は飽和率が100%を超え、超過分に応じてそのプールの全委任者のリワードが減少する。
飽和点は、PoSにおけるステーキングプールの分散化を目的として設定されている。
1つのプールに委任が集中した場合、1人のオペレータによって大量のブロック生成がコントロールされることになり、ネットワークに対するリスクとなるためである。
飽和点はKパラメーターによって設定され、K=500のとき64M、K=1000のとき32Mとなる。2021/3にK=1000に変更する案があったが延期された。
飽和点が分散化への効果的な措置という評価がある一方で、複数プールを運営する方が利益が出るため分散化を促す効果があまりない、との批判もある。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

プルータス Plutus

カルダノにおいてスマートコントラクトやdAppsを開発するために、IOGが独自に開発したプログラム言語。Haskellをベースに構築されている。
プルータス・プラットフォームを通して、SDKやサポートが提供されている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ハードフォーク Hard fork

ブロックチェーンプロジェクトにおける、大幅な仕様変更(アップデート)のこと。ブロックチェーンは、ローンチ時点から全てのデータを引きついだ一本線となっているが、旧バージョンを一部あるいは全てサポートできない仕様変更の場合を言う。
仕様変更の場合、これまで一本のチェーンで繋がっていたブロックが「別の方向に分岐する」ために「フォーク(Fork)」と呼ばれる。
一般に、旧バージョンのサポートが可能な場合は「ソフトフォーク(Soft folk)」と呼び、サポートされない大幅な仕様変更を「ハードフォーク(HF)」と呼ぶ。
有名な例としては、2017年8月にビットコインのHFによって生まれたビットコインキャッシュは、イーサリアムクラシックのHFによって分岐した現在のイーサリアムがある。
これらはそれぞれ、オリジナルとは別の暗号通貨として存在している。
カルダノにおいては、HFに等しいレベルの仕様変更後も旧バージョンをサポートできる「ハードフォーク・コンビネーター」が実装されており、大幅な仕様変更があったとしても「別通貨」が生まれない仕組みを構築している。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ハスケル Haskell

カルダノの構築で使用されているプログラム言語。1987年頃、P .Wadler現IOG上級研究員)とS .Blottによって構想が提案され、1990年にversion1.0として発表された。関数のみによって構築される「純粋関数型プログラミング言語」であることが大きな特徴である。
プログラムを明確で簡潔な構成で記述することができるため、安全性が高くバグやヒューマンエラーを最小限に止め、信頼性の高いシステムを構築できる。
厳密なルールがあるため比較的マイナーな言語だが、研究機関や金融機関など、厳密さが求められる現場での評価が極めて高い。
カルダノ 以外のHaskellの使用例としては、Cabal、GHCなどの開発者向けアプリや、GitHubの分析ライブラリー、Facebookのスパム対策プログラムなどで知られている。
SingurarityのB.Goertzelや、台湾のA.TangなどもHaskellユーザーとして知られている。

👈一覧へ戻る

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb