#staking」タグアーカイブ

トレードしないでADA(カルダノ)を増やす方法

カルダノ(ADA)価格がついに50円を超え、本格的な上げ相場の兆しが見えてきました。
前回投稿した「カルダノが5分でわかる記事」も、価格上昇に合わせて多くの方に読んでいただいています。

しかし、せっかく買ったADAですが、すぐに利確してBTCやUSDTに交換していませんか?
トレードをすることで多くの利益を生み出すことも可能ですが、価格が大きく動く相場の最中にトレードを行うのは、大きなリスクもともないます。
実は、カルダノのホルダーの約70%が、「ステーキング」という「トレードをしないでADAを増やせる方法」で、着実に資産を増やしています。このステーキングこそ、現時点でカルダノの価格の大きな下支えになっていると言えます。
本稿では、トレードをしないでADAを増やすための「ステーキング」について紹介します。

年利5%が得られる、カルダノの「ステーキング」

カルダノの場合は、「ステーキング」を行うことで年間にして約5%分のADAを利息て受け取れるシステムで運営されています。
例えば、1万ADAをステーキングすれば、ADAを持っているだけで500ADAを受け取ることができます。
その仕組みをわかりやすくまとめると、次のようになります。

カルダノのステーキングまとめ
①取引所などでADAを購入する。
②カルダノの公式ウォレットアプリにADAを送金する。
ダイダロスウォレットヨロイウォレット
③ウォレットアプリの「委任(delegation)」から「ステークプール」を選ぶ。
④選んだプールに資金を「委任する(delegate)」。
以上のフローを行うことで、リスクの高いトレーディングをすることなく、委任から3エポック後(約15日後)に、委任量に応じてADAによる報酬を得ることができます(その後は5日ごとに報酬が得られます)。
銀行に預けているような感覚で、年間5%程度の「利息」が得られるのが「ステーキング」の魅力です。

どうして「ステーキング」で利息がもらえるの?

実は、カルダノのステーキングで得られるADAは「利息」ではなく「リワード(報酬)」と呼ばれます。
これは、ステーキングプールに「委任」を行うことで、一般のホルダーもブロックチェーンの運営者になれるからです。
そもそも「ステーキング」とは、英語の「stake(出資)」が元々の言葉です。あるプロジェクトに出資するなど利害関係がある人や企業を「ステークホルダー(stake holder)と言ったりします。
カルダノの場合、各ステーキングプールがホルダーの信任を得て、代理でブロックチェーンを作成するという考え方で運営されています。ステーキングプールは「ADAの委任量に応じた回数、ブロックの作成権を得られる」ため、一般ホルダーの方から委任されたADA量が多いほど、リワードを多くもらえます。
そのため、カルダノのブロックチェーンは、プール運営者だけでなく、ホルダーの皆さんの役割も大きいと言えます。ADAを所有して信頼できるステーキングプールに「委任」をすることで、健全なブロック作成に貢献し、ホルダーの皆さんもリワードを受け取ることができます。

カルダノのステーキングQ&A

 Q1:ステーキングをするには、ADAはいくら必要なの?  A1:委任をするために、約0.17ADA程度の登録料が必要です。最低委任量は10ADAから。少額でのステーキングができます。

 Q2:プールにADAを送金するんですか?  A2:いいえ。カルダノのステーキングでは、ステーキングプールに1ADAも送金せず行うことができます。つまり、安全性の高いヨロイウォレットやダイダロスウォレットで資金を保管しながら、ステーキングを行うことができます。もちろんその間、そのアカウントのADAを使って売買することができます。
カルダノのステーキングでは、「1ADA」=「1投票権」というイメージがわかりやすいでしょう。皆さんの「得票数(ADA)」をステーキングプールに「委任」し、ブロック生成権を勝ち取ります。あくまで権利を委任するため、権利自体は常にホルダーのものです。

 Q3:ステーキングすると、定期預金のような「ロックアップ」があるのでは?  A3:ありません。ウォレットのADAは、いつでも自由に出し入れすることができます。カルダノでは、ブロック生成のスケジュールを5日ごとに「エポック」という単位で区切っています。委任したADA量の記録は2エポック前の記録で運営されているため、ADAを決済で使いながらステーキングを行うことが可能です。

 Q4:え? つまり、デメリットってないの?  A4:思いつきません(笑) 個人的には、ADAホルダーであればステーキングをしないと損だと思います(汗)
あえてデメリットをあげれば、「BTCなどに交換しようとしたときに一度取引所に送るのが面倒」というのがあげられます。それでも、送金は他の暗号資産よりずっと高速です。

 Q5:委任先は、どうやって選べばいいの?  A5:委任先は、ダイダロスウォレットやヨロイウォレットから選ぶことができます。
「賢いステーキングプールの選び方」は、次の記事でまとめています。
プール運営者が教える「ステーキングプールの選び方」

委任のご協力をお願いします🙇‍♂️
●本稿はカルダノステークプール「Coffee Pool」が作成しました。
COFFEの活動を応援いただける方はぜひ、COFFEへの委任をいただけたらと思います!
NAME:CoffeePool☕️
Ticker:COFFE
Poolid:1d2972246d8adda98836626a34e337525f5206e552715d28379b5fdb

ど素人がカルダノのステーキングプールを始めた理由

カルダノステーキングプール「COFFE(コーヒープール)」オペレーターのhixです!
2021年1月に「コーヒープール」を立ち上げ、本格稼働したプールのオペレーターとして3エポックが過ぎました。

現状では、まだまだ大手プールのように大量のブロック生成ができる状況ではありませんが、1つ1つの課題をクリアし、より良いプールに成長できるように、システム改善に努めています。

本サイトのトップページに書いた通り、オペレーターである私の本職は「フリー編集者&ライター」です。
Linuxやサーバー運営のノウハウは、これまでまったくナシ。
すべてゼロから学び、プール稼働にこぎつけました。
では、なぜど素人なのに、そこまでしてSPOになろうと考えたのでしょうか?

理由①ど素人からでも「できるかも」と思ったから

カルダノのステークプールを立ち上げるには、かなり大雑把に下記のような流れが一般的です。

【カルダノのステークプールの立ち上げ方】

1. 24時間稼働するサーバーを(最低)2基、ネットに繋がらないLinuxPCを1基用意する。
2. サーバーとPCに、カルダノのシステムをインストールする。
3. 3台のコンピュータで、それぞれの役割を3種類設定する。
4. カルダノのシステムを使って、プールの認証設定を行う。
5. プール登録をし、プールを本格稼働する。
6. ダイダロスやヨロイなどのウォレットアプリで確認する。

と、一見すると「かなり難しそう」ですが、この流れを鑑みて「できるかも」と感じました。
私自身、もともとIT系雑誌も経験していたこともあり、Linuxは「いつか学びたい」と思っていたというのも理由の1つです。
しかし、ここで「できるかも」と感じたのは、さらに次のような理由がありました。

理由②プログラマーになる必要はないから

ステークプールオペレーターは、基本的には「サーバーを維持する」のが仕事で、「ブロックを作る」作業はコンピュータが自動で行います。また、ブロック生成は多くの場合で「委任量で決まる」ため、優れたプログラマーでなくとも、サーバーを安定して運用していれば実績が出せます。
Linuxは、キーボードだけで操作をするOSなので勉強が必要ですが、自分でゼロからプログラムを書く必要はないため、基礎知識さえ学べば構築することが可能です。

理由③親切なチュートリアルがあったため

カルダノでは、公式の「ステークプールスクール」が提供されており、公式エンジニアが動画で詳しく立ち上げ方法を紹介しています。
英語資料ですが、非常に詳しく解説しており、とてもオープンな空気があり、ここから仕組みを学び始めました。
さらに、勉強を開始したタイミングで、日本のSPO先駆者のBTBFさんが、海外オペレーターのSPOマニュアル「カルダノステークプール導入マニュアル」の翻訳版を発表し、カルダノSPO日本語ギルド(discord)
を立ち上げ、これをきっかけに数多くのプールが立ち上がりました。

この解説手順が非常にわかりやすく、ギルドメンバーの方々も情報共有意識が高く、頑張ればオペレーターになれるのでは?と感じました。

理由④参入コストが安く、利回りが良いから

ビットコインの場合、基本的に、複数の野球場が建つくらいの土地でスーパーコンピュータを敷き詰める「マイニングプール」を建設する必要があり、何十億単位の投資が必要です。
しかし、カルダノのステークプールは、個人用規模のコンピュータ3台あれば構築可能です。
特筆すべきは、「クラウドサーバーでも運用可能」である点です。
カルダノの公式動画では、「AWS(アマゾンウェブサービス)」での構築方法を紹介しており、実際に構築することができます。
気になるコストですが、月額で1〜2万円くらい。
一回のブロック作成で得られる最低報酬は₳340ですが、現在の価格(₳1=35円程度)であれば、1回のブロック生成でまかなうことができる試算となります。
つまり、月あたり最低2回以上ブロック生成できれば、通常のステーキングにプラスアルファで報酬を得られる仕組みが構築できることになります。

理由⑤カルダノの「真の分散化」に協力するため

現在、ドル(USD)資産の価値下落を恐れ、多くの「大口投資家」がこぞって「ビットコイン」の購入をはじめています。
この背景にあるのが「分散化された通貨」という「裏付け」です。
ビットコインの発行はプログラムによって厳格に規制されており、基本的にドル円のように「誰かの気分次第」で発行量が変わることがありません。
そのため、資産としての客観性がある程度認められてきたことで、次第に投資会社などの大口が参入しやすくなったという背景があります。
しかし、ビットコインは中国の巨大マイニングプールが運営の大多数を占めており、「ビットコインが分散化しているか」には、大きな疑問が残っています。
カルダノは、この現状を打開するための仕組みである「PoS(プルーフオブステーク)」を採用することで、「真に分散化された暗号通貨をつくる」ことを目指しています。
より分散化した暗号通貨がリリースされることで、ビットコインに投資していた大口の資金がカルダノに流れれば、ADAの価値も大きく高騰することが考えられます。
カルダノの分散化に参加し「真の分散化」を実現することで、自分の資産をさらに高めることにつながるのです。

カルダノのステークプール運営を始めるべき人の条件

ファーストブロックの作成まで終えて、「どういう人がプールオペレーターになるべきか」をまとめてみたいと思います。

●カルダノを本気で応援したい!

これは言わずもがなですが、プール構築は一朝一夕ではできないので、カルダノに対する大きな愛情が必要です。
また、プール運営は長期的なHODLが必要なので、価格が下がった時にすぐ売るような人は向いていません。

●Linuxができる、または学ぶ意思がある人

Linuxが一通りできて、ADAをたくさん持っているなら、すぐにプールオペレーターになるべきです!
逆に、プール構築にはLinuxの仕様がマストになるため、IT系の話題で鳥肌が立つ人は向いていません。知識がない人でも、独学でなんとかしよう!と思っている人であれば必ずできます!

ADAを持っている友達が多い人

ステークプールは、基本的に「委任量」でブロック生成数が決まります。単にプログラムの知識がある人がたくさんブロックを生成できるわけではなく、「仲間が多い人」の方が生成数が増えます。グループで知恵を出し合って1つのプールを構築することを検討してみても良いでしょう。

大量のADAを持っている人

プリセールからHODLされている方の中には、10M単位以上の枚数をお持ちの場合もあるかもしれません。大量にADAを保持しているクジラさんは、すぐにブロック生成できる可能性を秘めています。
自らプールを立ち上げることで、より効率的に資産を増やすことができます。

本稿でカルダノステークプールに興味がわいた方は、ぜひ「X Stake Pool」さんをチェックしてください!↓
(アフィではないです笑)
●X Stake Pool 「カルダノステークプール構築手順日本語版」
●カルダノSPO日本語ギルド(discord)